ブログトップ

一茶、二茶、三茶。

chaka2p.exblog.jp

しんどい話だった。

お正月に読もうと、年末にジャケ買いした本。
ハリー・オーガスト、15回目の人生 / クレア・ノース
f0189106_1715348.jpg

1919年に生まれたハリーオーガストは、死んでも誕生時と同じ状況で、記憶を残したまま生まれ変わる体質をもっていた。

と、、あらすじに書かれていたのでワクワクしながら
読み進める。
何度も生まれ変わるうちに、社会の進化が少しづつ
早まっていることに気づき、世界の終わりが来ることを
知ってしまい、それを阻止するべく、同じ体質の敵を
探す物語なのですが、毎回の人生での終わり方がしんどい。
拷問って、、正月早々。ゴ~モンって。
f0189106_1710525.jpg

しかし、一度開いてしまった物語を途中で見捨てるわけにもいかず
昨日、ようやく決着がつきました。
「ハリーよ、、お疲れさん!」と声を掛けてあげたくなった。

世の指導者がアホなボタンを押しませんように。
と、祈るばかりです。
[PR]
# by c-khan7 | 2017-01-15 17:01 | 本のきもちだよ | Trackback | Comments(2)

謹賀新年

f0189106_2404948.jpg

本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by c-khan7 | 2017-01-01 02:42 | 絵を描くのです | Trackback | Comments(10)

ウッキキ~

f0189106_2491264.jpg

サル、踊ル。
f0189106_2493919.jpg

サルサ。
f0189106_249556.jpg

サル、疲レタ。
f0189106_2501027.jpg

サル、去ル。

ソレデハ皆様、良イ、オ年ヲ。
[PR]
# by c-khan7 | 2016-12-31 02:51 | 4コマなんてね | Trackback | Comments(4)

もうひと踏ん張り

ALABAMA SHAKES / STUDIO COAST
               12月 12日

寒風に押され、新木場駅に到着。
久々の新木場で会場がどこだかわからない。
それらしい人並に乗ってstudio coastへ。

f0189106_7562612.jpg


開演30分前。もうすでに満員すし詰め状態だ。
アラヴァマシェイクスは唄とギターのブリタニーを中心とした
4人組のブルースロックのバンド。

なんといってもブリタニーの絞り出すような声とパンチのキイた風貌。
ん~まぁ~~~カッコいいです。
「Hold On」で、、年末まで、踏ん張っていけるぞい、と確信した
新木場の夜でした。
[PR]
# by c-khan7 | 2016-12-30 08:02 | 音楽があるから | Trackback | Comments(2)

Sing to the moon

久し振りにCDを買った。
f0189106_1649641.jpg

イギリス出身のLaura Mavula ・ローラ マヴェーラ
クラシックを勉強していただけあって
弦楽器や打楽器がイイ感じになっている。
バラードからアップテンポまで温かみのある曲ばかりだ。
今日はクリスマス。
[PR]
# by c-khan7 | 2016-12-25 16:56 | 音楽があるから | Trackback | Comments(6)

鳥が鳴いている。

久しぶりに本を買った。
f0189106_16372834.jpg

ことりの言葉しか話せない兄と唯一の理解者である弟。
兄弟の静かなる生活の物語。
f0189106_16391193.jpg

丁寧にページをめくり
「ことりのおじさん」に寄り添いながら読んだ。
[PR]
# by c-khan7 | 2016-12-25 16:42 | 本のきもちだよ | Trackback | Comments(2)

Andadayo-秋

今期初の手袋。
何度も編みなおして
何とか形になりました。
f0189106_10273483.jpg

[PR]
# by c-khan7 | 2016-11-16 10:29 | 生活ですから | Trackback | Comments(5)

ヤーヤーヤーとワニが笑う。

アルバート故郷に帰る / ホーマー・ヒッカム

今回も図書館でジャケ借り。
f0189106_12143373.jpg

この装丁とタイトルでドロドロしているわけがない。

若き炭鉱夫のホーマーと妻エルシーの旅の物語。
エルシーの昔の恋人から結婚祝いに送られてきたワニの赤ちゃん。
2年で1.2メーターになり、まだまだ成長過程。
そんなワニのアルバートの将来を考え
フロリダの故郷へ帰そうと決断する。
夫婦とワニと鶏を乗せた車は炭鉱の町を出発するのであった。

炭鉱の町ウェストバージニア・コールウッドからフロリダ・オーランドまでの
旅の途中、マンガみたいなことが次々におこる。ワニを連れている時点で
マンガみたいなんだけどね。
後々、その話を息子が聞き取りして小説にしたので、半分はホントの事なのでしょう。

40年代のアメリカの善き人達の心温まる話に仕上がっている。
宿命というものに、のっかって生きてはいるにせよ
そこに愛があっての人生なのだと。
ヤーヤーヤーとアルバートが大きな口を開けて笑っている。

今日は秋晴れの日曜日。
[PR]
# by c-khan7 | 2016-11-06 12:43 | 本のきもちだよ | Trackback | Comments(6)

干し柿ブームがやってきた

なんやかんやで
秋になりました。
近所の柿が色づいたので
干してみた。
f0189106_178311.jpg

二週間、大切にそだてて
f0189106_179421.jpg

柿太郎もこんな姿になりました。
f0189106_1794437.jpg

オテントウさん、ありがとサン。
[PR]
# by c-khan7 | 2016-10-30 17:12 | 生活ですから | Trackback | Comments(9)

キュウリを粕で和える

キュウリを薄切りにして
塩をする。
f0189106_16485577.jpg

粕と少々の砂糖をすり鉢にいれ
硬めのクリーム状になるように
水で加減しつつする。
f0189106_16512961.jpg

キュウリの水気をよくしぼり
粕と和える。
f0189106_16521914.jpg

食べる。
f0189106_16532649.jpg

お盆の味。
ナムナム。
ウマウマ。
[PR]
# by c-khan7 | 2016-07-17 16:56 | 生活ですから | Trackback | Comments(5)