ブログトップ

一茶、二茶、三茶。

chaka2p.exblog.jp

「おまえ、あんまし腹の中で妙な物、育てるなよ」

と、じいちゃんが言った。

道尾秀介さんの「月と蟹」を読んでみた。
f0189106_1473028.jpg

小4の真一は父親を病気で亡くし
母と祖父と海辺の町で暮らしている。
母には恋人がいるようだ。
寂しさと不安で心がいつも揺れている。
友達の春也も家庭内に問題を抱えている。

2人はヤドカリを神様にみたてて祈る。
呪うように、祈る。
子供の心にあるドロドロとした部分が
海の底の影の様にゆらゆら揺れているような
お話だった。
[PR]
by c-khan7 | 2011-05-20 14:15 | 本のきもちだよ | Comments(9)
Commented by chic-uni at 2011-05-20 20:32
ほぉ・・・・・。この絵とチャカさんの感想で、あらすじの想像がつきます。
やどかりと云うところが子供らしいですね。
私だったら・・・・、空と海に向かって祈るかな?
Commented by banbankoban2002 at 2011-05-20 20:53
二人には、ヤドカリが必要だったんだねぇ~。
何でもいい、心の支えって、大事なんですよね。
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-20 21:41
小4で父を亡くし、がおんなじ。
ちょっと怖いかな。
Commented by hinotori at 2011-05-21 09:11 x
心のありようを自分の意思で変えられるようになるのは難しいですね。
まして、子供にはできないのが悲しいです。
Commented by c-khan7 at 2011-05-21 13:26
chic-uniさん。子供の心にも、憎悪や嫉妬があるんですよね。
未熟な物を見守るのが大人の役目ですね

banbankobanさん。ヤドカリは心の支えというか、ドロドロのはけ口のような存在で、残酷な扱いなんですよ。
子供の頃、虫眼鏡でアリンコを焼き殺して遊ぶような。。。

saheiziさん。今回の震災でも、孤児になった人は多いようです。
みんな、変なものを育てる事なく、大人になってほしいです。
saheiziさんのような大人に。

hinotoriさん。人間の本質は大人になっても、変わりませんが、経験や環境や関わる人により、心が保てるように思います。
Commented by webobjects50 at 2011-05-21 22:32
人間だものね。邪悪な黒いポチっとしたものは子供にもあるのですね。
そのポチっがどうなっていくかが、、、
大人は責任重大ですね。子供が集団で残酷なことをしでかす
「蠅の王」だったっけか?あれを思い出しました。
Commented by c-khan7 at 2011-05-22 15:23
webobjectsさん。蠅の王。ツタヤでなんども手に取っては、戻しの。映画です。ストーリーが重すぎて、元気な時じゃないと見られへんやん。子供は残酷だよ。大人も残酷だけどね。
Commented by fukuyoka at 2011-05-23 13:55
子供のまなざしや仕草がなんて可愛いい絵なんでしょう。でもこの本は最後までは読めませんでした。
Commented by c-khan7 at 2011-05-23 19:38
fukuyokaさん。表紙も暗いし、内容も暗いし。。
途中でリタイヤしてしまう気持ちもわかります。
<< 「そんな自分に慣れること。」 生きて行くのは前に進むこと。 >>