ブログトップ

一茶、二茶、三茶。

chaka2p.exblog.jp

黄金週間はじまる。

桐生典子さんの「金色の雨が降る」を読んでみた。
黄金週間だからね。。
f0189106_21514087.jpg

明治時代、炭坑街に売られた芸者と炭坑夫の純愛。
現代、破滅型の男とアラサーOLの泥沼愛。
二つの時代の物語が交互に進んでゆく。
情念が強すぎて成仏できない明治の女の魂がOLに語りかける。
恐ろしいのは自分の心だと。。

なぜ自分を傷つける人間を愛せるのか、
運命には逆らえないものなのか、
AB型の私にはさっぱり理解できないお話だった。
[PR]
by c-khan7 | 2012-04-29 22:08 | 本のきもちだよ | Comments(4)
Commented by haruneko3 at 2012-04-29 22:57
そういうものなのかも、わかっちゃいるけど。。。。どうしてもはまってしまう。ああ、おんな心ってコワイ!あっ、わたしも一応おんなだったっけ。
Commented by chic-uni at 2012-04-30 10:17
黄金週間に「金色の雨が降る」を読む・・・。AB型のチャカさん。
黄金週間に金色の甘夏ピールを食べる・・・。O型のσ(^^)

純愛も泥沼愛も、(。ёё)?そんなことあったっけ・・・?
恐ろしいのは自分の記憶力・・・・・・ ・_・、
Commented by motoharublues at 2012-04-30 12:25
韓流ブームから純愛がもてはやされだしたと思いますが、
この世は純愛で溢れてると思います.

それが泥沼になるのかは当人達次第と思います.
Commented by c-khan7 at 2012-05-01 08:41
harunekoさん。はまっちゃったら仕方がない。
毒を食らわば皿まで。。。とことんイッてください。

chic-uniさん。ピールの季節ですね。露地物無農薬ミカンをさがしています。

motoharuさん。韓流ドラマはツっこどころ満載。
ブルースシンガーは少しぐらいドロドロに足を突っ込んだほうがいいかもしれませんね。
<< 花はどこへ行った。 猫さん。 >>