ブログトップ

一茶、二茶、三茶。

chaka2p.exblog.jp

日本一田舎の村をプロデュース。

村の青年団のメンバーが2人抜け8人に。
野球チームもできない。
青年団員の中で嫁がいるのは2人だけ。
村には年頃の女子もいない。
「何とかすっぺ!」
「そうだ、東京の広告代理店に知り合いがいるだよ!」
「東京かぁ〜〜」
f0189106_2249415.jpg

萩原浩さんの「オロロ畑でつかまえて」を読んでみた。
過疎化がすすむ牛穴村の村おこしを計画する青年団と
ヒョンな事から村おこしをプロデュースすることになった
東京の弱小つぶれかけ広告代理店の奮闘記。

広告代理店の仕事の流れにそって話は進んでゆく。
「龍神池に謎の生命体があらわる!!」
不景気な御時世に、こんなハチャメチャなネタで
村を活性化させようだなんて、無理、無理、無理。
でも、面白い。

実際、地方でも頑張っている所は沢山ある。
柔らかい頭を搾って、搾って、ギュゥ〜と搾って、
あとは実行するのみ。
みんな、少しでも良くなれ!と、
必死に生きているんだ。
[PR]
by c-khan7 | 2012-07-09 23:04 | 本のきもちだよ | Comments(7)
Commented by saheizi-inokori at 2012-07-10 10:04
こういうサクセスストーリー好きです。前にもここで教えていただいた本があったなあ。
Commented by hinotori at 2012-07-10 10:43 x
「皆でやろう」という発想ではもう駄目ですね。しからば?・・私には妙案が浮かぶはずもない。
Commented by chic-uni at 2012-07-10 21:34
何事も考えているだけではダメ、実行しなくては。
一所懸命さが心を打ちます。
過疎地でお嫁さん募集の番組を見ても、皆さん必死ですもの。
いつも良いご縁があるといいなぁ・・・、と思っていますが・・・。
Commented by motoharublues at 2012-07-10 22:12
都会にいるとご縁のありがたみを忘れがちですね・・・・・
もっと熱くなります♪
Commented by fukuyoka at 2012-07-11 22:44
柔らかい頭を搾って搾ってあとは実行するのみ、、いい言葉ですね。
Commented by pavement1234 at 2012-07-13 15:17
【元気が出るテレビ】を思い出しました(笑)
さいきん、本気のくだらない番組が少ない。。
Commented by c-khan7 at 2012-07-13 15:56
saheiziさん。あまりサクセスな感じではないのですが、作家さんが広告業界出身なので、そのあたりが面白く描かれています。

hinotoriさん。みんながダメなら一人でも!頑張ってみましょう。

chic-uniさん。話の終盤は、やぶれかぶれな感じです。
色々な企画を考えるだけでも楽しいですよね。

motoharuさんはミュージシャンでモテモテだから大丈夫!

fukuyokaさん。柔らかすぎて、搾って、まとまらず。。
という事もありますが。

pavementさん。色々な人が出ていましたね。
メロンキュ〜〜と言いながら海パンで踊っていた山本太郎君が懐かしい。。
<< 罪は許されるものなのか。 うろ覚え劇場・プリシラ >>