ブログトップ

一茶、二茶、三茶。

chaka2p.exblog.jp

白玉あんみつ!旨いやん。。

会社関係のパーティーに出席した。
そこには有名な人達が沢山来ていた。
そんなセレブな世界を垣間見て、何も出来ない三日坊主の自分に嫌気がさし、グデングデンに酔っぱらった翌朝、目覚めると顔が象で身体が人間の奇妙な者が関西弁で話しかけて来た。
f0189106_1801429.jpg

「わし、ガネーシャや。 
 じぶん、成功したいんやろ。
 そなら、何かないとな。。なんかないのん?」
「何、これ。。白玉あんみつ?!
 ・・・う、うまいやん、、
 じぶん、いきなりホームランやで。。。」

水野啓也さんの「夢をかなえるゾウ」を読んでみた。

自分を変えるために、本も読んだ、インドも旅したが
何もかわれない平凡なサラリーマンが主人公。
奇妙な神様ガネーシャが、一日ひとつの課題をだして
それをクリアしながら、成功するって、どういう事なのかを
学んでゆく話。

わがままで、自分勝手なガネーシャのキャラクターが面白い。
そんな神様に振り回されつつも成長してゆく姿が楽しい。

まず、一つ目の課題は
「靴を磨く」
[PR]
by c-khan7 | 2012-09-23 18:21 | 本のきもちだよ | Comments(9)
Commented by saheizi-inokori at 2012-09-23 20:25
「空が映るまで磨きます」という売り言葉の靴磨き少年の物語を小さいころ読んだ覚えがあります。
Commented by c-khan7 at 2012-09-24 08:08 x
saheiziさん。靴磨き、という職業は今でもあるのでしょうか?
昔はガード下に沢山並んでいた記憶があります。
綺麗な足下は気持ちまでスッキリします。
Commented by hinotori at 2012-09-24 08:27 x
私のモットーは「のろまでぼんやりが良い」ですが、じつは総理大臣に就いてみたいと思っています。
Commented by saheizi-inokori at 2012-09-24 10:56
ちょっと前までいましたよ。
有楽町の特別にぴかぴかする磨き方(特別料金)の人にはときどきお世話になりました。
Commented by chic-uni at 2012-09-24 16:05
靴もプロの方が磨くと、光り方が違いますね。
そしてその輝くような靴で歩くと、気分が晴れ晴れします。
一度だけ靴磨きをお願いしたことがありますが、颯爽として自信が持てました!
Commented by motoharublues at 2012-09-25 00:01
この作品おもしろいですよね♪
ドラマでもやってませんでしたっけ?
Commented by fukuyoka at 2012-09-25 00:12
じぶんを変えたい所いっぱいあります。ガネーシャさんに来て欲しいでーす。
Commented by c-khan7 at 2012-09-26 08:16 x
saheiziさん。そういう職人さんが街からすくなくなりましたね。

chic-uniさん。私はいつもスニーカーっぽい靴ばかりなので、暫く靴磨きはしていません。たまには箱から出してあげないといけませんね。

motoharuさん。ドラマは観ていないのですが、古田新太さんがガネーシャ役。。適役です。今度DVDレンタルしようかと!

fukuyokaさん。すでに頭の上にガネーシャがいるかも。
何か美味しいものを用意していてくださいね。
Commented by c-khan7 at 2012-09-26 17:23 x
hinotoriさん。次期、総理。ヨロシクおねがいします。
良い日本にしてください。
<< 台風17号上陸。 ガネーシャの生い立ち >>